ほげほげ(仮)

私の青森のお出かけなどを中心とした日記です。更新は不定期です。

韓国旅行記(2008.9.6-2008.9.10)

今年はちょっと遅めの夏休みを取得しました。
というのも理由は、出張でたまりにたまったJALマイルを使って旅行でもしたいなぁ~と思い立ったからです(汗
最初沖縄に行こうとも考えましたが、やっぱり真夏に行きたいなあというのもあり、前から一度行ってみたかった韓国にしました。

JALのマイルで海外行きの特典航空券に交換した場合、国内移動分はタダ*1になります。つまり、青森~羽田間はマイルがかかりません。ですので青森から羽田経由で韓国に行く場合、往復14,500マイルで行けます(燃料代に別途13,000円ほど取られましたが)。沖縄にマイルで行こうとした場合、羽田経由の2区間分のマイルが必要ですので、往復24,000マイル必要になります。結果、地方から韓国などのアジア近郊に出かけた方がマイル消費数が少ないという逆転現象が起きます。かなりオトクです。

ということで、今回は東京に一泊してから乗り継ぐことにしました。

1日目(9.6)

青森空港出発

朝2便で青森空港から旅立ちました。

羽田着

11時ちょっと前に羽田着。さっそくおなかが空きましたので、羽田の空港内で何か食べようかと言うことになり、イタリアンのお店へ。

(昼食)羽田空港内のイタリアン


オムライスを食べました。ここのオムライスはあっさりしていて、でも食べ応えもあり納得。
羽田行くときはまた食べたいです。
マイルで交換したJALのICクーポンで食事代をお支払い。マイルは何かと使えてオトク。

東横イン羽田大鳥居

今日のお宿は東横インです。高級ホテルなども考えましたが、韓国でのホテルよりいいところに泊ったりしたらなあ、と思い普通に東横インにしました。次の日の朝8時20分の便に乗らなければならないため、羽田空港最寄りの東横インにしました。

新宿徘徊

東横に荷物を預かってもらい、新宿へ買い物に出かけました。
東急ハンズやらFranc*Francなど雑貨をメインにいろいろ。その後ヨドバシカメラ/ビックカメラと電機やをはしごしました。

ラムダッシュ購入

以前買ったフィリップスのシェーバーがだいぶ剃れなくなってきていた&3枚の刃のうち1つが壊れているということで、交換刃を買う値段を考えると新しいシェーバーを買った方が良いのでは、ということでNationalの型落ちラムダッシュを購入しました。3枚刃モデルで洗浄システムはありません。個人的には水洗いで十分なので。9,000円くらい(+10%ポイント還元)でした。
今の最新機種はすべてPanasonicになっていますので、National最後のシェーバーですね。
なかなか剃り味は良いですが、動作音がちょっと高音で耳に付きます。

(夕食)羽田大鳥居駅前の和み亭

次の日から韓国料理三昧になることを考えて、晩は焼き肉や中華料理などを避け和食にしました。
和民チェーンですが、酒を飲むとお通しやら酒代やらで今思うとちょっと高い気もします(2人で3,500円くらい)。
お通しってなんであるんだろうなあ。無駄だなぁ、と韓国から帰った今そう思います。

2日目(韓国初日)(9.7)

バスで羽田へ

朝6時頃起床、東横の無料朝食を食べる時間はありません。まぁ、機内食も出ますのでぜんぜんOK。飛行機に間に合えば。眠いですが無料送迎バスに乗ってるとあっという間に羽田空港第2ターミナル到着です。
そこから空港の送迎バスで国際線ターミナル(第1と第2の間)に移動。

搭乗口まで

国際線ターミナルでの手続きはあまりにも簡素。国内線とほとんど変わらず。成田のような搭乗口までの長距離移動もないので、10分~15分もあれば十分。予想外に早く搭乗手続きが済んでしまったので、ラウンジでちょっと休憩することにしました。

羽田空港ラウンジ(おにぎり)

私はJALのラウンジを使う権利を持っていない(JALカードは持ってますがGlobal会員でもないし、ランクもクリスタル止まり)ので、おとものGlobalカードにてJALラウンジを利用しました。
羽田国際線ラウンジには軽いたべもの(パイやおにぎり)と飲み物がありました。朝だからあっさりなのかもしれませんが、成田空港のラウンジに比べると簡素ですね。といいつつも朝から生ビールをゴクリ(汗

そして、いざボーイング747に搭乗です。

(朝食)機内食

羽田~ソウル(金浦空港)までは2時間ちょいで着いてしまいます。
でも短時間でも国際線は国際線ですので、きちんと機内食がでます。

行きの機内食は小分けにいろいろ入ったお弁当でした。個人的にこういう弁当はいろいろ食べられて好きです。
機内では白ワインを一緒に。(朝から飲みまくり)JAL国際線は酒類が無料で飲めるので良いですね。
食べて飲んでちょこっと休憩しているうちに飛行機はもうすぐ空港へ。韓国は本当に近いです。

ソウル(金浦空港)到着

予定よりさらに20分ほど早く?金浦(ギンポ)空港に到着しました。成田からだと仁川(インチョン)空港に到着ですが、羽田からは金浦空港です。ここはソウル市内から近いです。
安い地下鉄を利用することにしました。T-moneyカードというSuicaみたいなカードが普及していますが、どこで買うのか良くわからなかったため、普通に乗車券を購入。T-moneyカードはこの後地下鉄に乗るときに買いました。
これです。

ホテルのあるウルチロ入口まで20駅ありましたが、乗車料金は1,300ウォン(1300₩ 日本円で130円!)でした。地下鉄は日本に比べて格安です。
地下鉄5号線~2号線と乗り換えてウルチロ入口駅へ。40分~50分くらいかかりました。

チェックイン


今回のお宿、ロッテホテルに到着。12時頃到着してチェックインしましたが、まだルームメイクが完了していないのでとりあえず鍵だけもらって隣接のロッテ百貨店を軽く見ながら食事をすることにしました。

(昼食)ロッテ百貨店内で冷麺ハーフ

百貨店の上層階にあるレストラン街で食事をすることに。
なにやら行列のできている麺やさんがあったのでそこ並んで食べました。

私が注文したのは冷麺のハーフセット。二種類の冷麺が半分ずつ食べれました。
あっさり味の方はひたすらあっさりでもの足りませんでしたが、辛い方は癖になるお味でしたね。麺のこしはほとんどありません。そうめんよりやや堅い程度ですがムシャムシャ食べれました。

ゴージャスなお部屋

ちょっとデラックスなお部屋にしました。すごい綺麗で広かったです。日本でもこんなおしゃれな部屋に泊ったことがありませんでした。お風呂の他にガラス張りのシャワールームまで完備されていました。韓国は気温こそ日本と同じくらいでしたが、むし暑かったので、このシャワールームには何度もお世話になりました。

明洞(ミョンドン)徘徊

ホテルでちょっと休憩してから、いざメインストリートの明洞へ。
比率的に化粧品やさんとメガネやさんがすごく多い印象です。韓国はメガネが安いということを事前に聞いていたので、メガネを一つは作ろうと思っていました。

メガネ購入

ぶらぶら町を歩いているとかなり強引に「さーさーメガネ安いです、見るだけただですから」とインチキくさい感じで店員が近寄ってきたのですが、まぁメガネ作ろうと思っていたので見てみるかーという思いで店内へ。
店員さんは日本語が結構まともにできますので、なんの不安もありませんでした。あれこれフレームを見てレンズを一番薄いのを選んだら、フレーム代はただにしてもらいました。超薄型レンズで形状記憶フレームを選んでも8,500円で済みました。レンズはかなり薄く仕上がりました。この前日本の激安店で1万円で買ったメガネに比べたら厚さが半分くらいです。日本で買ったら少なくとも2万円くらいはするでしょう。目の測定もしっかりしており、安心できました。特殊なレンズなどは日本よりさらに安いらしいです。韓国旅行した際にはまたメガネを作りたいですね。

ソウルタワー見学

明洞をぶらぶらした後は、ソウルタワーの見学と、ソウルタワーの上からの夜景を見るために、南山(ナムサン)公園へ。丘をしばらく登ると、ロープウェーがあります(一人往復7,500ウォン)。結構な行列ができてました。山頂までは3分程度で着きます。ちょっとした山です。
山の上に着くとその山にさらにソウルタワーがそびえ立っています。ソウル市内からすぐ見える位置にあります。
このタワーに上るにはさらに7,000ウォン必要です。意外に高いです。
しかし、ここの店員に英語で「アダルトチケット ツー プリーズ」と言ったら「(苦笑)大人二枚でございますね~」とめちゃくちゃうまい日本語で返されました。。日本人なのバレバレ。。この旅での一番の屈辱でした(笑
で、夜景が綺麗になるタイミングを見計らってタワーに入りました。


タワー上から眺める夜景はとても綺麗でしたね。でも函館山の方が綺麗かも。。(汗
帰りのロープウェーはすごく混んでました。30分くらい待ったかもしれません。
ここでなんかソウルタワー近くの屋台で買った虫を煮たようなものを食べている人を見て少し具合が悪くなりました。。なんでも蚕を煮て食べるらしいです。。。俺は虫が嫌いなので、無理です。

(夕食)チュンムロテジカルビ

韓国、牛カルビはとても高いのを雑誌で読んで知っていて、韓国人が良く食べるというお手軽な豚カルビを食べたいな、ということで、チュンムロ駅の近くにあるチュンムロテジカルビに行ってみました。
ここは日本語が通じました。メニューも日本語で併記してます。
付け合わせも豊富で、サンチュも食べ放題。

豚カルビはそのまま食べても美味しいですが、やっぱりニンニク、タマネギをコチュジャンを付けて、サンチュで巻いて食べるのがすごくうまかったです。またここの豚カルビは1人前300g程度もありました。豚バラと1人前ずつだけ頼んで、ご飯も食べませんでしたがそれだけで満足でした。
ビールを2本飲んでも1人1,5000ウォン(約1,500円)かかりませんでした。
サンチュも2回おかわり(というかなくなりそうになると勝手に持ってきてくれる)しました。
豚カルビ安くて良いですね。日本で食べる豚肉と少し違ってつけ込んだ感じでうまかった。オススメです。
良い気分で就寝。

3日目(韓国2日目)(9.8)

ぐっすり

高級ホテルのベットは寝心地が良いですね。ぐっすりできました。
ちょっと、ベットが欲しくなりました。(高いんだろうなあ)

(朝食)食べず

前日結構たっぷり食べたのでそれほどおなかも空かず。朝は食べませんでした。
もっともロッテホテルで朝食サービスを注文すると一人3,000円とかします。どんな朝食。。。
ちなみにポカリスエットは1缶600円。。。部屋のミニバーは庶民にはおいそれと利用できません。

終日ツアー参加

韓国2日目は事前にネット予約していた終日ツアーに参加です。
右も左もわからない初心者には、こういうツアーで効率よく観光地を回るのは良いですね。

清渓川

最初は清渓川という、2005年に復興した川の見学をしました。
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=1139

本当の入り口部分だけ見ましたが、川には魚もいたりして、とても綺麗な川でした。
以前はかなり汚染されていたということでした。私は朝見ましたが、夜のライトアップも綺麗そうです。

景福宮

続いて景福宮へ行きました。朝鮮王朝の最大のものです。

建物はかなり巨大です。そして、住む部屋は全てオンドル(床暖房)部屋になっていて部屋の横には必ず煙突が付いてました。
この時代から床暖房があったなんてすごいですね。韓国はそれだけ冬は寒いということなのでしょう。冬も一度来てみたいですね。

民俗博物館

続いて近くにある民俗博物館へ。昔の農機具、武具などを見ると、日本とかなり似通っている、というかほとんど同じだなあ、と思いました。
やっぱりお隣さんですね。顔も似てれば生活習慣も似ています。

お寺(曹渓寺)


お寺へ。お釈迦様とか薬師如来とかでかいお方がいましたが、一番関心したのはそれを熱心に参拝している人たち。一日中参拝しているんでしょう。
日本でここまで熱心な人たちは見たことがないです。京都に行けば見られるのかなあ。

アメジスト工場

韓国はアメジストが綺麗なのが取れるとかなんとかで、アメジストの工場?に行きました。実際は単なる販売店みたいな感じで、ここは別にツアーになくてもいいかなあ、と思いました(汗 いや、アメジストは綺麗でしたよ。ただ見るなら普通に宝石やとかでいいのでは。。と。別にそこで発掘しているわけではないので。

(昼食)石焼きビビンバ

私たちは終日ツアーでしたので、お昼もセットになっていました。午前中だけのツアーの方と別れ、2人だけで食事です。

石焼きビビンバを食べました。付け合わせの海苔とかナムルとかが美味しかったです。
うちの兄情報によると、石焼きビビンバは日本が発祥だとか。。。韓国でわざわざ食べる必要もない?でしょうか。しかし石焼きはヘルシーだしうまいので好きです。

南大門市場

午後はまず、南大門市場に行きました。やたらめったらものが溢れている感じです。海苔とかバッグとかジーンズとか宝飾品とか。。。。通路も狭い。
日本人なのがバレバレなのか、やたらバッグやさんの店員が「完璧なニセモノあるよー」とか「ニセモノ、カンペキ。」と片言の日本語で話しかけてくるのがちょっとうざかったです(汗
ニセモノを堂々と売る露天商。。

しかしガイドさんに後から聞きましたが、今年の2月、焼失してしまった南大門は現在復元中だそうです。あと3年~4年くらいかかるのだとか。韓国の建物は焼けたり、(昔)秀吉とか日本軍とかに壊されたり、本当に大変です。

仁寺洞(インサドン)散策&お茶

次は仁寺洞散策です。
ここの町はちょっと小綺麗で、南大門みたいなモノであふれかえっている感じではありませんでした。
ただそんなに買うものもなかったので、ここでちょっくら伝統茶でも、と思い喫茶店に入りました。
しかし、そこのメニューがハングルオンリーで、店員のおねいちゃんも日本語がかなり怪しくて注文が厳しかったです。リコメンドティー?みたいに英語で聞いても良くわからないみたいでした。しばらくしてから「これは甘くて人気があります」と、日本語で言ってました。それをリコメンドって言うんだよーー!
まぁ、おもしろかったので良し。逆に、ここ以外はほとんど日本語が普通に使えたので注文には困りませんでしたね。店員さんはみんな日本語勉強してるんだろうなぁ~。
そして、出てきたお茶がこれ。

左がたぶん柚子茶、右が五味子茶というらしいです。どちらも甘く、日本茶にはない感じでしたが、ほっとする味でした。

お茶の後待ち合わせ場所で時間まで待ってたのですが、午後からツアーに同行した若いおねいちゃん2人が20分ばかし集合時間に遅れて焦りました。
完全に待ち合わせ時間を間違えたみたいでした。団体行動のときにそれはカンベンして欲しいと思いました。
あまり来ないので、近くにいた屋台でウインナー串をがぶり。皮が尋常でなく厚かったです。。

昌慶宮~宗廟



歴代の王様の位牌を納めている宗廟に行きました。まぁ、、どの建物も見た感じ一緒なので韓国に行ったらどれか有名な場所一カ所みれば十分かなあ、と思いました。まあ、歴史にすごく興味ある方は全ての伝統的施設を回るのも良いでしょう。

(夕食)サムゲタン

夕ご飯はサムゲタンを食べに、有名らしい「百済サムゲタン」へ行きました。

サムゲタンは鳥のおなかに餅米を仕込んで、丸ごと煮込んだものでかなりあっさり鳥だしです。身はやわらかく美味。しかし、、、、。

この付け合わせのキムチニンニクが、、、生で激辛、というか痛い。生のニンニクて舌がしびれます。食べ物でノックアウトされたのはかなり久しぶりです。というかここまでのものははじめてかも。。。
ここのニンニクは要注意です。

4日目(韓国3日目)(9.9)

韓国3日目は自由行動+夕方はマッサージを予約です。
まず、歴史的な作りの民家が建ち並ぶ北村韓屋マウル方面へ。

北村韓屋マウル

歴史的な作りの民家が建ち並ぶところですが、政府がお金を出して昔の町並みを再現したとか。

景色最高~♪でした。写真じゃあまりわからないかもしれませんが、すごいアップダウンがあります。ちょっとした山と言った感じでしょうか。函館みたいなもんですかね~?

ユジンの家

途中、冬ソナの撮影地、中央高校とユジンが住んでいた(設定の)家などを見学しました。
ユジンの家は、なぜか取り壊されていました。新しく記念館でも建てるんでしょうか?

昔ユジンの家に実際に住んでた人が、ブロマイドやらを販売するお店を開いていました。すごく優しい人でお茶を飲ませてくれたり、写真を撮ってくれたりしました(汗 日本語もすごく上手でした。
という私は冬ソナを全く知りません。。ごめんなさい。

(昼食)あさりうどん

昼は三清洞でうどんを食べました。うどんはかなり日本のものに近いです。麺も、味も。

あさりがこれでもかと言うくらい入ってました。安心して食べられる味でした。

景福宮方面へ散策

お昼を食べたあとは2日目に行った景福宮方面へ戻りながら散策。
銀杏通りでした。秋は紅葉の綺麗な景色になるんでしょう。
このあたりは警備も厳しく、徴兵制の兵隊さん達が至る所で歩いてました。

信号待ちをしていてもこっちを睨んでいるような。。悪いことしませんのであんまり見ないで。。(汗

国立古宮博物館

景福宮の敷地内にある国立古宮博物館に入ってみました。
ここも歴史的なものが沢山展示されていました。石に刻まれた天文図やら、昔の印鑑やら、衣装やら。
ゆっくり見学もしたかったのですが、夕方のマッサージの予約時間が近かったので、急いで地下鉄へ乗り、明洞へ戻り。

マッサージ(汗蒸幕)

日本でもできますが、一度あかすりというものを体験したかったので、ここを予約して行ってみました。
明洞瑞草火汗蒸幕|明洞(ソウル)のエステ・ビューティ|韓国旅行「コネスト」
基本コースは汗蒸幕、漢方風呂、あかすり、オイルマッサージという感じです。
まず、汗蒸幕ですが、暑い釜の中に布をかぶって入ります。他は男性が入れないところも多いのですがここは男性もOKとのことで、ここにしました。5分程度を2回に分けて入りましたが、ここに入っただけで汗がじょぼじょぼ&疲れが取れた感じがしました。
続いてお風呂に軽く入りあかすりです。個人的にはこれが一番気持ちが良かったです。大量に垢が出てちょっと恥ずかしいですが、さっぱりでした。
その後、私はあかすりのおじさんに勧められて漢方塩マッサージを追加でやってもらいました。背中に漢方クリームをたんまり塗って、その上に竹塩?をたっぷり。その上にタオルをかぶせ熱いお湯をかけられます。なんかじんわりして気持ち良かったです。終わったあとは背中がつるつるしてました。
そして、オイルマッサージ。なんか落ち着きます。お肌に潤い。オプションを含め2時間程度で終わりました。
最終日までの疲れがほとんど取れた感じでした。

(夕食)石焼きビビンバ


汗蒸幕にはご飯がサービスで付いてきましたので、これを晩ご飯にしました。韓国2度目の石焼きビビンバです。
ここの石焼き、付け合わせとも優しいお味でした。体の中からも綺麗になれる気がしました。

ミョンドンで最後のショッピング

夕食後、ミョンドンをぐるりをショッピングで回りました。
韓流スター(汗)みたいな、冬に着るジャンパーなど欲しかったのですが、デザイン的には気に入ったものの動きづらい感じがしたので、最後まで悩んで買いませんでした。まぁ、日本でもオシャレなものは手に入るので、そのうち買いますかね。
最終日の朝食にクリスピークリームドーナツを買い、晩酌にトッポッキ&ビールを買って帰りました。

トッポッキ初めて食べましたが、意外と歯ごたえがある餅でしたね。韓国は何でも辛いなあ。
CASSビールはとても飲みやすいです。韓国ビールではOBも好きですがCASSが一番お気に入りかも。
今度輸入ビールコーナーに行ったら買おうかな。

5日目(最終日)(9.10)

楽しかった韓国生活も、贅沢なホテル暮らしも今日で終わりです。

(朝食)ドーナツ&コーヒー

昨日買ったドーナツを食べ、コーヒーを飲みながらだらだらしているうちに、帰る時間が近づいてきました。
移動しないと。

テルチェックアウト、空港へ移動

チェックアウトもすべて日本語でOKです。部屋での利用も特にないので、チェックアウトはさっくり終わりました。
空港まで、地下鉄で移動です。ソウル近郊なら地下鉄だけで十分回れますね。たくさんお世話になりました。

空港ラウンジ

空港にちょっとだけ早めに到着したので、ラウンジにて休憩(&朝からビール)。
そうこうしているうちに出発です。さらば韓国。またいつか来るよ。

(昼食)機内食


帰りの機内食は蟹いくらちらしでした。数日ぶりに日本の味を食べ、日本の味はやっぱおいしいなあ~と思いました。いや、韓国料理もおいしいですけどね。

飛行機からみた富士山。もうすぐ羽田です。

羽田着~羽田ラウンジ

羽田着、青森行きまで4時間もあるということで羽田空港をぶらぶら、本屋で立ち読み。
それでもさらに青森行きの飛行機まで時間があったので、羽田のラウンジでもだらだら。
暇でしたが、結構疲れていたので何もする気も起きず、ここでもビールを数杯飲みました(汗

青森へ~無事終了

韓国ホテルを朝10時前に出発して、青森に着いたのは夜19時。さすがに疲れました。。

終わりに

なんだかんだ行って、遊びで海外行くのは初めてでしたので、短期間で沢山楽しめました。
今回は初心者向けな感じで予定を組みましたが、次回行くとしたら、板門店(非武装地帯)や、ソウル以外の観光地なども体験してみたいですね。
そういえば東大門にも行かなかったなあ。拳銃試射場とかカジノも行ってみたい。まだまだ沢山楽しそうなところもありますね。
あと、言葉を少しでも覚えてから行こうと思いました。英語が書いていればまだ良いですが、ハングルオンリーなメニューなどはちょっと厳しいので。。。熱い/冷たい、麺、ご飯、鍋、とか旅行に使う文字をメインに覚えるといいかもしれません。

しかしこうやってブログ書きながら旅の復習するのもなかなか楽しいですね。

旅行は楽しいですね。残り70,000マイルほどあるので、またどこかに行こうと思います。
次は冬休み?(汗

*1:ただし、24時間以内に目的地への出発便に乗り継ぐ必要があります