ほげほげ(仮)

私の青森のお出かけなどを中心とした日記です。更新は不定期です。

小坂町探検

 先週末ですが、ちょっくら秋田の小坂町までドライブ行ってきました。

 

まずは道の駅「こさか七滝」へ。

小坂の町から車で10分くらいでしょうか。以前来た時は滝があったくらいだったような気がするのですが、道の駅になってましたね。食堂なんかもございました。 

f:id:micarom:20130908124230j:plain

 

 

七滝。名前通り、滝が七つの段々になって流れている感じです。

奥入瀬渓流の滝よりもダイナミック、しかし暗門の滝ほどストレートでもなく水が岩面にぶつかりながら落ちてくるのが凄い迫力あります。

f:id:micarom:20130908125558j:plain

 

ジャパーン! ※郷ひろみではありません。

この日は暑かったですが、滝のすぐそばに行くとひんやりというかむしろ寒いくらいでした。

f:id:micarom:20130908125946j:plain

 

滝の横には滝を祀っている?神社が。

コンパクトな狛犬さん。

f:id:micarom:20130908130659j:plain

 

そのそばには紫陽花が。

f:id:micarom:20130908130939j:plain

 

七滝の手前にはこんな水車があります。

ここで脱穀?してたんでしたっけ。ちょっと忘れましたが水でグルングルン回ってます。

f:id:micarom:20130908131607j:plain

 

こさか七滝の道の駅の隣になんか新しい施設ができてましたので行ってみました。

まんまランド、というらしいです。

十和田湖高原ポーク、桃豚が売りのお店のようです。

f:id:micarom:20130908133617j:plain

なにやらドイツで賞を受賞したらしい、素晴らしいお店ですね。

f:id:micarom:20130908134303j:plain

 

ファストフードな出店がございましたので早速食べてみましたよ。

ブラートブルストというのですかね。

パリン!という食感なのかと思いましたが意外と柔らか。

肉汁したたる美味しいソーセージでした。

f:id:micarom:20130908134617j:plain

これ以外にも、豚たんぽ?でしたかな、豚肉の中にあきたこまちが入った、きりたんぽ風の食べものもありました。そちらも美味しそうでしたねー。

今度行った時に食べてみます。

 

このまんまランドの裏には自然いっぱいの動物広場?があり、無料で楽しむことが出来ます。ここ、イチオシですね。

 

羊さんのいい顔。

f:id:micarom:20130916232653j:plain

 

ヤギさん。

なんか高床なところで休んでました。

高いところ好きなんですかね?

f:id:micarom:20130908140257j:plain

 

そしてウサギさん達。

これがホントかわいい。穴に隠れたり…。

f:id:micarom:20130908140603j:plain

 

いろんな種類のウサギさんがいます。

f:id:micarom:20130908140739j:plain

 

毛並みがほんと綺麗。

動物園なんかにいるウサギさんより、自然いっぱいの場所で育ってるので見るからに健康的でした。

f:id:micarom:20130908140837j:plain

 

ウサギさん達でおっかけっこしたり、ホントのびのびしています(๑╹ڡ╹๑)

小坂に行ったらここのウサギさんは是非見て欲しいですねえ。

f:id:micarom:20130908141841j:plain

 

 

道の駅で遊んだあとは小坂の町へ。

f:id:micarom:20130908144122j:plain

 

以前鉱山事務所を見学しましたが、今回はそのおとなりにある康楽館を。

 

この日はちょうど演目が披露されている時で、ちょっとその演目を見せてもらったり、舞台下の切穴(スッポン)や回転舞台の下などを説明してもらいました。

幕の内弁当を食べながら舞台を見る贅沢なんてのも良いかもしれませんね。

年に一度の歌舞伎の際には満席だそうですが、普段はいつでも鑑賞できるとのことでしたので、今度来た時はゆっくり鑑賞でもしたいなと思いました。

f:id:micarom:20130908152054j:plain

 

 

康楽館舞台下見学の後は小坂鉄道の小坂駅へ。

現在は使われていない廃線の駅です。なんかもったいない気もしますが今は車さえあればいつでも移動できますからね。

f:id:micarom:20130908153058j:plain

 

そのあと郷土館へ。

ここには昔の小坂鉄道で利用していた切符販売機などの道具やら、さよなら列車の映像、小坂炭鉱の露天掘り模型や炭鉱で働く人の姿を再現した人形など、見どころがたくさんありました。閉館ぎりぎりまで見学してしまいました。

 

康楽館、鉱山事務所、郷土館の三館共通入場券が900円で売られておりますので、一度に全部まわりたい方はそちらがオススメです。きっと満足できます。

f:id:micarom:20130908153857j:plain

 

この後小坂鉱山の方を軽く見学し、 帰りは碇ヶ関の道の駅の温泉でひとっ風呂。

つるつるとした気持ちのよい温泉でした。

f:id:micarom:20130908174703j:plain

 

 

秋田県・小坂町

青森から高速道路を使えば、ほんとすぐの場所です。

 

秋のドライブにいかがでしょうか。オススメです。