ほげほげ(仮)

私の青森のお出かけなどを中心とした日記です。更新は不定期です。

秋田八幡平・焼山トレッキング

今年はまだ梵珠山トレッキングをした程度で、本格的な山登りを一度もしてないというのもあり、どこか登りたいなあ〜と思っておりました。
今回は秋田八幡平の焼山エリアを登山してくることに。
温泉やドライブでは何度かおじゃましたことあるエリアですが、登山ははじめてです。

私の身体のコンディションとしては前日、数年ぶりにねぶた祭りでハネトしまくってふくらはぎが結構痛かったのですが、強行です。。
(本当はよくないのですが…)

今回のルートは、後生掛温泉登山口からスタートし、玉川温泉までの長距離。
帰りは玉川温泉から後生掛温泉までバスで移動する必要があるため、時間のリミットがあります。
(もし遅れてしまった場合には、タクシーやヒッチハイクで車のある後生掛温泉まで戻らなければならなくなります)

登りより下りが多いというコースですが果たして…。

後生掛温泉の売店で名物の黒いタマゴを購入し、朝10時過ぎに出発。
売店のおばちゃん曰く「4時間くらいで玉川温泉いけるよ〜」とのこと。
事前の調査でもそのくらいで、距離も約8kmくらいと聞いてましたが実際は行ってみないとわかりません…。


登山口入り口は、温泉施設内にあります(^_^;)

後生掛温泉の登山口。行ってきます!
俺帰ったらここの温泉につかって溶けるんだ…。

登りはじめは平坦に近く、足場もきちんと木で出来た遊歩道みたいな感じでささっと1kmほど進むことができます。
このペースなら14時前には着くんじゃないか?と楽観視。

しかし、そこからは岩の多い登山道。
岩木山ほどではありませんが、かなり登りづらいです。

しばらく登ったところでようやく林が切れて下の景色が見える場所。
結構登ったなあ〜。
でもここでもまだ2km少々でしたでしょうか…。先は長い。


そして登ることさらに1kmほど。毛せん峠に到着です。

手前の方はこのあたりの登山道をメンテしている方。草刈機で登山道に生える雑草を刈り取っています。
ちょうどお昼時間でしたのでご飯を食べておりました。

私もここで昼食1回目。
おにぎりと温泉で買ってきた黒タマゴを。タマゴうめぇえ〜。10個くらい食えそうでしたw

風が気持ちいい場所でしたね。草刈りの皆さんはタオルを顔にかけベンチに横になってお昼寝しておりました。
こんな良いロケーションでお昼寝できるなんて最高ですね。


私もお昼寝、といきたかったですが時間リミットもありますし先に進むことに。

もう少し進むと遠く〜(左の真ん中辺りの黒い奴です)に小屋が見えました。避難小屋のようです。

小屋に向かう途中、カンバンが。
ようやく半分か…!

そして小屋到着!
トイレもありますし、中はとても綺麗にメンテされていました。
管理の方々に感謝です。

小屋で再び昼食wおにぎり補充です。

しかしここから見る景色も綺麗でしたね〜。
空と緑の色が綺麗!

20分ほど休憩し、再び出発。
結構疲れが出てきました。

少し登って振り向くと沼がたくさん。
なんか棲んでますかね〜?

綺麗が景色が続きます。こういう景色を見ると疲れもふっとびますね。


そして焼山の火口?硫黄のニオイがぷんぷん!
ガスに注意です。

上から見ると、ホント凄い。これは写真じゃ伝えられない…。
めちゃくちゃ広い硫黄泉ですw
これは是非一度見て欲しいですね。ただただ凄い!と言うしかないです。
ここでお湯につかりたかった〜。(※ダメです)

硫黄沼を横目に登ります。ここも凄い岩場。

そして、名残峠着。(13時30分くらい)

すると登山ルートが落石のため閉鎖していました…。
聞いてないよ…。これはまずい…。
引き返すしかないのか、どうなのかおろおろ…。

そう言えば、玉川温泉側から来た人とすれ違ったな…。
と思ったところにちょうどその方々が戻って来ました。
避難小屋がどこかわからず引き返して来たとのこと。
そして玉川温泉へ向かうルートを訪ねましたら、迂回ルートがありました。
助かった。。

と話してたところ、「クマがいる!」とそのチームの方が。

見てみたらほんとにいました、クマ!

見てる場所から相当離れていましたので怖いとかありませんでしたが、やはり八幡平は普通にクマがいますね。
前にも道路で見かけたことがありますし…。
クマ鈴はつけたほうがいいですね…。

迂回路は即席で作ったような通路で竹やぶの竹を切っただけのような斜面、しかも結構急な下り坂でしんどかったです。

そしてようやく通行止めの下の場所に合流。
玉川温泉から後生掛温泉に向かうバスの最終が15時42分。
ここについたのが14時過ぎ。

かなり時間が限られてきました。
ここからは休憩は短時間で済ませてささっと下っていきました。
下りでもかなりの岩場でキツイです。
玉川温泉側からの登りはさらにキツイと思います。登山初心者は後生掛側からにしておいた方が良いですね。

1時間ほど下り…
ようやく玉川温泉が見えた!
最後の階段の下りが腰にふくらはぎに肩に来ます…。

そして…玉川温泉到着!
15時20分くらいです。バスの時間まで残り20分少々。ギリギリでした!あぶねぇ…。
途中の迂回ルートも想定外で、時間が予想以上にかかりました。

バスにゆられて30分、後生掛温泉へ戻り温泉へ。

あ〜溶ける〜。
ここの温泉は極楽湯みたいにたくさんのお風呂があり楽しいです。
露天風呂に泡風呂、泥風呂やらむし風呂、サウナ。
以前に来たときより脱衣所などが綺麗になってました。清潔な感じでしたね。
さっぱり。

帰りは鹿角八幡平ICの近くにある五の宮さんで、晩ご飯。

8月7日に駅伝があるらしく、宿泊している?日本大学の方々がご飯食べてました。

私は八幡平ポークを利用したとんかつ定食(900円)。
やわらかくてボリュームたっぷり♪

高速を使い青森へ戻り。
帰って即バタンキューしました。疲れた!

でも、素晴らしい景色を堪能することができました。
ありがとう八幡平!また来るよ!

この日のトレッキング距離:9.37km 約5時間(昼食、休憩込み)